症状別治療

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

ADMとは

後天性真皮メラノサイトーシス。
頬・鼻周り・こめかみなどにできるあざの一種です。
主に20~30代のころから出現することが多く、男性よりも女性に圧倒的に多い症例です。

シミと混在していることもあり、肝斑のできる部位と似ていることから、患者様自身の判断ではしみとADMを見分けることは難しいことが多いです。

ADMは皮膚表面に現れるシミとは違い、真皮層という皮膚の深いところに現れます。
塗り薬や内服薬で改善することはなく、レーザーのみが有効な治療法です。

当院ではADMの治療にはQスイッチレーザーかピコレーザーを用います。
どちらも真皮層のADMの色素までしっかり届き、メラニン色素を破壊します。
黒い色素だけに反応するため、周りの皮膚には負担をかけずに行う事ができます。
個人差がありますがおよそ3か月に一度のペースで3~5回程度の治療が効果的です。

レーザー直後は内出血やかさぶたができることがあります。
しばらくの間、軟膏の塗布とテープ保護が必要です。
また経過の中で一時的に色素が濃くなることや色素沈着が起こることもあります。
日焼けと摩擦は色素沈着の原因となりますので注意してください。

①②③は好発部位です。
のADMは平たく広がった斑状のものです

ページトップへ

ヨーダー公子クリニック 眼科・皮膚科・美容皮膚科

Copyright©   ヨーダー公子クリニック 眼科・皮膚科・美容皮膚科. All rights Reserved.