症状別治療

眼周りの美容外科

二重まぶた

当院で行う二重まぶたの埋没法では、眼瞼部皮膚の埋没点を作るときに、CO2ガスレーザーを使用しております。メスや、針で埋没点を作ると出血し、術後のダウンタイムに影響を及ぼすので、多少手間はかかりますが、CO2ガスレーザーの使用が最適と考えております。CO2ガスレーザーを用いることにより、血管やリンパ管や神経を一瞬で閉塞し、出血を最小限にすることができ、術後のダウンタイムを最小限にすることが可能です。電気メス等を使うクリニックもございますが、出血は食い止められるものの周辺組織に対する熱影響が大きいのでやはり腫れが起こります。CO2ガスレーザーは出血せず周辺部の熱影響も最小限なため、当院ではこだわりを持って使用しております。

またプレミアム法では、糸にこだわり、最も細い、心臓血管外科で用いるPV DFという糸を使用しております。これは、組織になじみやすく、また長期間にわたって体内劣化しにくい、という性質を持っています。長期間にわたって糸が体内に存在し、きれいな二重まぶたを長時間維持することをご希望であれば、このプレミアム方を推奨いたします。

埋没法
①単針法
1点 ¥28,000(両眼あるいは片眼)
2点 ¥58,000(両眼あるいは片眼)

体の中に残しておく異物はなるべく最小限の方が体にとっての負担は少ないです。そういった意味で1針だけ、あるいは2針だけ、非常に幅の狭い水平マットレス縫合して、まぶたに癖付けできれば1番異物による体の負担が少ないです。いわゆる逆さまつげとかに使う手術の理論を利用した方法です。体の中に残す異物が最小限で済むため、異物感や出血、腫れなどの副作用も最小限で済みます。
ただし、まぶたが分厚い人や蒙古ヒダの強い人などでは、うまく癖付けができないので、その場合はループ法(線、つまり無限の点でラインを作る)でしっかりと癖をつけたほうがきれいな二重まぶたになります。

アイプチ等で毎朝二重まぶたを作ったりすると、そのノリでかぶれたり、まぶたを常にこすったりするようになり、将来、眼瞼下垂が早く進行することもあるため、なるべくまぶたは触らないほうが良いです。そのような人は、せめて手術でまぶたの癖付けをした方が良いかと思います。ただし非常に幅の狭い水平マットレス縫合のため、1つの点で留めている状態であり、長い間で考えると糸が緩んで外れることもございます。しっかりと長持ちするラインを作るには、ループ法をお勧めすることもございます。

②ループ法
1針ループ法(2点留め) ¥80,000 (片眼¥48,000)
2針ループ法(4点留め) ¥160,000 (片眼¥96,000)
3針ループ法(4点留め) ¥320,000(片眼¥192,000)

(他にプレミアム法ございます。料金表参照)

単一の点で留めるのではなく、皮膚側、劍板側に無数の点である線でラインを作る方法です。それによりしっかりとしたラインで二重まぶたを作ることが可能になります。1針と2針さらに3針でしっかりとラインを作ることもできます。その方のまぶたの形や体質によって1番良い方法をお勧めさせて頂きます。

またプレミアム法として、より腫れにくく、より内出血しにくく、ダウンタイムが最も少ない方法も、余裕があればお勧めいたします。患者様にとって内出血したり腫れたりすることが最も苦痛であり、日常生活にすぐ戻れないことが最もストレスフルであること、このような心配や不安がある方には多少高くてもプレミアム法をお勧め致します。

また二重まぶたの形状として、末広型、薄めの奥二重、くっきりした幅広平行型など、皆さんの希望される形状はいろいろです。希望されてもまぶたの形や厚みによってできないこともありますが、なるべく患者さんの希望に沿った結果が出るようにカウンセリングを十分にさせて頂き、最も患者様に合った方法を提案したいと考えています。

まぶたの厚みは、まぶたに近いほど薄くしなやかで動きやすい皮膚をしていて、上に行けば行くほど分厚く動きの鈍い皮膚になっていきます。
例えば、まぶたの厚い人に幅広型の二重まぶたを作ると、糸が取れやすかったり、食い込みがありいかにも整形した二重まぶたになったり、黒目が半分隠れて眠たそうな目になったりと、いろいろな欠点も出てきます。埋没する小さな穴から上眼窩脂肪を取るオプションも合わせて行うこともできます。

1針ループ法【2点留め】

2針ループ法【4点留め】

3針ループ法【4点留め】

③切らない眼瞼下垂法
切らない眼瞼下垂法 ¥150,000円(片眼¥90,000)
プレミアム法 ¥250,000(片眼¥150,000)
切らない眼瞼下垂法(2針ループ法) ¥250,000
プレミアム法 (2針ループ法) ¥300,000
切らない眼瞼下垂法(3針ループ法) ¥300,000
プレミアム法 (3針ループ法) ¥350,000

食い込んだ不自然な二重まぶたや、眠たそうな目が嫌な方には、いわゆる『黒目整形』と言われる黒目をくっきり開いた状態でパッチリした印象与える、切らない埋没型眼瞼下垂の手術があります。挙筋腱膜を短縮するので楽に目が開き、くっきりした印象の目を作ることができます。

糸も非常に細い糸を使い、組織になじみやすい、体内劣化の少ない心臓血管外科の手術で使う種類の糸、PVDFを使うこともあります。

目の形が違うように、体質やまぶたの形状も違うので、その人に応じたベストな方法で患者さんの希望に合う結果が残せるような手術を心がけております。

1針でも黒目がパッチリ開き、黒目整形は完成しますが、蒙古ひだなどが強い方は、しっかりと二重が出来るように、内側に二重(2針法)、外側に二重(3針法)をお勧めいたします。

患者 A 様

  • 【Before】
  • 【After】
切開法
部分切開 ¥200,000(片眼¥120,000)
全切開 ¥200,000(片眼¥120,000)
眼瞼下垂の二重術 ¥400,000(片眼¥240,000)

二重まぶたを糸のみで作るのは、そうならないように努力はしますが、糸が切れて一重まぶたに戻ったりする可能性もあります。それが嫌な方は、切開法と言って、まぶたを切開して二重まぶたを形成する方法、切開法があります。なるべく体に負担がかからないミニ切開法、しっかりと端から端まで大きなカーブを描いて切開する、全切開法があります。両者とも眼瞼が厚ぼったく、腫れぼったい方には、眼窩脂肪除去やまぶたと眉下の間の皮膚がたるんでいる方には皮膚のたるみ取りも合わせて施術することができます。皮膚のたるみをとることによりアンチエイジング効果もあります。
特に切開法の場合は、このような二重になると言うシュミレーションをしっかりとして、患者様の希望を反映できるようにカウンセリングを行いながら施術を進めていきます。

また幅広の二重まぶたを希望される場合、黒目が眼瞼に少し隠れて、眠たそうな目になることもあります。それをクリアするためには、挙筋前転を加えて、いわゆる眼瞼下垂術の二重まぶたを作る方法をお勧めします。
その場合、
①挙筋をしっかり瞼板に縫合する、つまりまぶたを開けやすくするため黒目がしっかり表に出でりくっきりした瞳になります。
②まぶたの余分なたるみを取る
③瞼が腫れぼったい場合は、眼窩脂肪を除去する。
とすべてのオプションをつけることができます。

またその全てを望まなくても、上眼瞼の皮膚のたるみ取りだけ希望(料金両眼¥80,000)、上まぶたの眼窩脂肪を取り除く、(オプション料金両眼¥80,000)などがございますのでその人の目の形や形状によりカウンセリングをさせていただきます。

眼周りの整形につきましては、なるべく1回ですべての希望を満たして、長い時間持続するような方法を選択した方が良いので、それは人によって全く違いますのでしっかりとしたカウンセリングとシュミレーションが必要になってきます。疑問や不安がない状態で施術を受けて頂ければと思います。

経結膜下眼瞼眼窩脂肪減圧術(目の下のふくらみ脱脂術)

人の顔見て、大体20代30代40代50代以上と瞬間的に脳が判断しますが、その年齢の判断基準となるものとしては、目周りの印象であることが多いです。つまり目周りの肌つや感や目の下のたるみなど。目周りにシワが多く、ツヤがなく、目の下にクマがあると、老けて見えてしまうというわけです。

一般的に目の下のクマと言うものには大雑把に分けて3種類位に分類することができます

①目の下のふくらみによるクマ
②目の下の茶色いクマ(色素沈着)
③目の下の赤紫のクマ(眼輪筋の血管が透けて見える)

① 目の下のふくらみ、これは何なのかと言うと、眼の周りでクッションの役目をしている眼窩脂肪が年齢によりぐるっと偏移してきて前に移動して(ヘルニア)、前に出っ張ってきます。 さらに目の下の皮膚は非常に薄いのですが、年齢とともにヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどの結合組織が少なくなっていくと、(目の下の皮膚にハリがなくなったから)それを押さえ込むことができなくて、皮膚内側の脂肪のボリュームがそのまま表面に出てしまいます。つまり、目の下の膨らみは、ヘルニアしてきた眼窩脂肪そのものなのです。

また目の下は非常に皮膚が薄いので、年齢により結合組織のボリュームレスによりティアトラフ(tear trough )と言うラインが出やすくなってしまいます。イメージ的にはゴルゴサーティーンに出てくる男の人の目の下から出てる2本の線です。

眼窩脂肪の膨らみとこのティアトラフの凹みで一気に顔貌が老けて見えるのです。

この治療法としては、凹みにヒアルロン酸やレディエセを注入すると言うフィラー(注射)を使っての簡単な方法もありますが、結局それが吸収されると半年から1年に1回メンテナンスが必要となります。そしてある程度脂肪の量が多くなると、それでは隠しきれなくなってしまいます。
なので、根本的な治療としては、経結膜的に(つまりあっかんべーをした下眼瞼から)切開を入れて膨らみの原因になっている眼窩脂肪を取り除くという施術が最適と言えます。またこの手術を1度すれば、ほぼ永久的に再手術を必要としません。

凹みに関してはフィラーでどうにかなりますが、膨らみに関してはお化粧で隠すこともできないので、ヘルニアで前に突出してしまった眼窩脂肪については、突出してしまった量に関してはしっかりとる。ということが最適と考えます。

他院で眼窩脂肪脱脂術をしたにもかかわらず、やっぱり三日月形の膨らみが気になると言う方も来院されますので、とりあえずヘルニアしたものに関しては、その分はしっかり取り出すことが肝心だと考えます。
また、結果凹んだ分に関しては、
レディエセ+EGF
あるいは、ヒアルロン酸+EGF の注入
などで手直しをすると言うやり方が最適な手術法と考えます。

またこの時、目の下の凹みのみならず、ミッドフェイスの凹み、つまりティアトラフのお直し(ミッドフェイスリフト)も一緒にやりますので、顔全体的には、ミッドフェイスが膨らんだ若々しい顔になります。
またミッドフェイスにかけて、ヒアルロン酸やEGFが注入されますので、ボリュームアップはもちろん、その部分の肌も艶やかになり、キメ、ハリも出てきます。

また当院の脱脂術に関しましては、メスを使わずCO2ガスレーザーとバイポーラーのみで施術をしますので、患者様が1番気にする術後の内出血等はほとんどございません。
下眼瞼脱出術で内出血しますと、1ヵ月ほど青タンが続く場合もございますので、CO2ガスレーザーとバイポーラでの施術が、内出血が少なく、最も適していると考えております。

下眼瞼をCO2ガスレーザーで出血した傷跡については縫合せず、大体3 、4日で閉じていきますのでご自宅で内服、点眼、軟膏での処置で経過を見ることができます。
当院での施術は内出血が少なく、ほとんど腫れることもございません。

キシロカイン麻酔を使いますので、痛みはほとんどありませんが、脂肪引っ張るときだけ少し刺激感があるようなので、そういうものに対して不安とかある方については静脈麻酔をいたします。他の施術は静脈麻酔代が、¥40000別途となりますが、この施術については、静脈麻酔をしたい人に関しては、コミの値段になりますので、そういう方は申し出てくださればと思います。

またCO2ガスレーザーで切開する場所が、術後きれいな涙袋となりますので(最終的には消えますが)、さらに若々しい顔貌となります。

当院での施術では、
⑴目の下の膨らみを除去
⑵目の下の凹みをフィラーでお直し
⑶ミッドフェイスリフト(ボリュームアップ)
⑷ミッドフェイスのレジュビネーション(皮膚が艶やかに)
⑸涙袋の形成(そのうち吸収されますが)
と、若々しさの1番の印象を受ける、目周りのレジュビネーション(若返り)が実現します。

お値段も1年間はこのお値段で据え置きする予定でいます。

切らない下眼瞼眼窩脂肪減圧術(下まぶたからの脱脂) ¥180,000
その後の凹みに対する下眼瞼形成術
レディエセ+EGF(あるいはヒアルロン酸+EGF)
¥120,000

②目の下の赤クマに関しては血管が透けて見えるクマなので、フェラーでそれを隠すしかありません。

レディエッセ+EGF 注入
あるいはヒアルロン酸+EGFの注入で両方とも¥120,000です。

③目の下の茶クマについては、色素沈着によるものなので、ハイドロキノンを塗る(自宅で治療ができます)
ピコレーザー、ルートロピールレーザーで色素を取る療法、やトラネキサム酸の内服などがございます。
お気軽にカウンセリングを受けてください。

当院で施術頂きました患者様の様子

①経結膜下眼瞼眼窩脂肪減圧術(目の下のふくらみ脱脂術)

  • 【Before】
  • 【After】

ページトップへ

ヨーダー公子クリニック 眼科・皮膚科・美容皮膚科

Copyright©   ヨーダー公子クリニック 眼科・皮膚科・美容皮膚科. All rights Reserved.