眼科診療

一般眼科

一般的な眼科診療

白内障緑内障ドライアイ花粉症飛蚊症糖尿病網膜症加齢黄斑変性はやり目VDT症候群、アレルギー性結膜炎、ものもらい、眼精疲労、流涙症、網膜剥離、近視、遠視、乱視、老眼、かすみ目、充血 など)から「コンタクトレンズ処方」まで、皆様の幅広いご症状・ご相談に、きめ細かくお応え致します。

一般眼科のイメージ

ご来院が早ければ早いほど、症状もご不安も早く解消され、治療にかかる負担そのものが軽くなります。

軽い症状や小さなご不安であっても、どうぞご遠慮なくご相談ください。

主な症状
  • 白目が赤い
  • 目ヤニが出る
  • 目がかゆい
  • 目が疲れる
  • 目の奥が痛い
  • 涙が出る
  • 物が二重に見える
  • まぶたが痙攣(けいれん)する
  • まぶたにできものができた
  • まぶたにしこりがある

その他、目の症状には様々あり、目の病気以外の原因・発見につながることがあります。 気になる症状がある方は、早めの受診・検査をおすすめ致します。

ページトップへ

白内障

白内障

白内障とはピントを合わせるためのレンズの役割を持つ水晶体が濁り、視界がかすんだり光のまぶしさが増すなどの症状が出る病気のことです。発症の原因としては加齢が最も多く、早い人では40歳位から発症することもあります。水晶体の濁りは少しずつゆっくり進んでいきますが、一度濁った水晶体は元通り透明にはなりません。紫外線も原因の一つになりますから、要注意です。

症状

視界がかすんだり、光をいつも以上に眩しく感じはじめたら診察の合図。すぐに診察を受けるようにしましょう。 また、上記のような症状がなくても40歳をすぎたら診察を受けてください。 早めの診察で合併症などの多くのリスクを回避することができます。

治療法

軽度の場合は点眼薬により、進行を遅らせて予防します。 視力の低下が激しい場合、進行した白内障が認められたら、有効な治療法は手術のみで、濁った水晶体を吸い出して人工のレンズを挿入します。今おこなわれている最も一般的な手術の方法は、水晶体超音波乳化吸引術および眼内レンズ挿入術といい、通常局所麻酔下で行います。特殊な超音波の器械で水晶体を細かく砕いて吸いとり、そこに眼内レンズという小さな透明のレンズを埋め込みます。症状にもよりますが手術に要する時間は5~20分程度となっています。最近では日帰りで手術を行う施設が増えています。

眼内レンズとは?

大きさは直径6ミリくらいの小さなレンズで、両端にある3ミリ程度の固定具により支えます。眼内レンズはコンタクトレンズのように古くなって交換したりすることは通常ありません。また異物感を感じることもなく、眼科医でないとレンズが入っていることは外からは全く分かりません。

術後

良く見えるようになったのに、しばらくしてからまたかすんでくることがあります。この原因のひとつは後発白内障というもので、眼内レンズが埋め込んである袋が時間経過により濁ってしまうことをいいます。発症時期はまちまちで、早い人は半年くらい、遅い人は5年程たっても発症しません。レーザー光線により治療します。

緑内障

緑内障とは、視神経が耐え得る以上の眼圧によって視神経がおかされ視野が欠けてしまう病気。白内障と並んで中高年の代表的な眼の病気で、最近の大規模な調査では、中高年の20人に1人が何らかの緑内障をもっていることが予測されています。自覚症状が少ないため、多くの人たちが緑内障と気づかないことが多く、40歳を過ぎたら一度眼科で診察をうけることをおすすめします。

原因

目の中の房水(目に栄養を運ぶ液体)が排水されにくい、または排水されない状態になり眼球中の圧力(眼圧)が高くなることで視神経が損傷することで発症します。 また、眼圧が正常範囲であっても緑内障がおこる場合もあります。これを正常範囲緑内障40歳以上の約30人に1人が発症します。

症状

目の疲れ、視野狭窄、頭痛や眼球を重く感じられたり、目の痛みや電灯の周りに虹のような輪がみえる(虹視症)場合はすぐに診察を受けることをおすすめします。

検査

まず視力、眼圧を測定するとともに眼底の視神経の状態を観察します。また視野検査も必須です。更に隅角という、房水の流出路を観察し視神経への影響を調べます。

治療

原則的に治療は点眼薬でおこない、それでも思わしい効果が得られない場合はレーザー治療や手術治療をおこないます。当院では手術が必要な方は横浜市立大学病院、横須賀共済病院等にご紹介が可能です。

ページトップへ

ドライアイ

ドライアイ

ドライアイとは、涙が不足したり、成分が変化して質が悪くなることによって、眼の表面に障害が生じる状態をいいます。 涙はまばたきによって薄い膜となり、いつも目の表面を覆って乾燥あるいはゴミや細菌などから眼を守っていますが、ドライアイになると涙液が正常でなくなるため眼の表面を十分に保護できなくなり眼が乾くのです。 角膜炎、結膜炎、ドライアイ、緑内障の人は、過度なVDT作業を控えましょう。 異常を感じたら、早めにご相談ください。

症状

眼が疲れやすい、めやにが出る、 目が乾く(ショボショボする)、眼がごろごろとする、重たい感じがする、 なんとなく眼に不快感がある、 眼が痛い、涙が出る、ものがかすんで見える、 眼がかゆい、 光を見るとまぶしい、 眼が赤い・・・などの症状があります。

原因

乾燥した部屋でパソコンなどのモニターをみつめる作業を長時間行うなどのほか、加齢による涙の分泌量や質の低下、膠原病やシェーグレン症候群など他の病気が原因の場合もあります。また、血圧を下げる薬や精神疾患に用いられる薬の服用により、涙の分泌量が減少することもあります。

治療

症状が軽い場合は点眼薬で緩和させることができます。改善が見られない場合、涙の出口である涙点に栓をして、涙の生理的な排出を人為的に遮断するような治療を行うこともあります。まれにドライアイがきっかけとなって重大な眼の病気を招くことがあります。目の異物感や疲れを感じたら、受診するようにしましょう。

VDT症候群

VDT症候群とは、パソコン、テレビ、ゲームなどの端末であるVDT(Visual Display Terminal)を用いた長時間使用することにより、目・体・心などに影響のでる病気で、別名テクノストレス眼症とも呼ばれています。画面を集中して見続けるため、まばたきの回数が通常の1/4位に減り、目が乾燥したり、目に負担がかかります。また、長時間同じ姿勢をとり続けるので、首、肩、腕などの痛みがでてきたりします。

症状

VDT症候群には視覚系症状、骨格筋系症状、精神神経系症状があらわれます。 視覚系症状としては、ドライアイと呼ばれる眼球の乾き、目のかさかさ、充血、痛み、異物感、涙の流れ、目の疲れ、視力の低下、目のかすみ、物がぼやけるなどがあります。 その他に、長時間作業による眼精疲労がおこります。骨格筋系症状としては、肩こり、首・肩・腕の痛みとだるさ、背中の痛み、手指のしびれなどです。 精神神経系症状としてはイライラ、不安感、抑うつ状態、睡眠障害などです。

治療

目の乾きを防ぐために点眼薬の治療を行うと同時に、適度な運動で身体をほぐすと疲れがとれます。 眼科に行って、目の疲れをやわらげ、目にうるおいを与える点眼薬や、身体や目の緊張をほぐす飲み薬などの治療を受けるのもよいでしょう。

予防法

VDT画面は、直射日光を避け、十分に明るく、照明が反射しない場所に設置してください。 1時間に10分間程度休憩をいれ、体操したり、遠くの風景を見たり、目を閉じたりしましょう。

人工涙液の点眼を通して眼球乾燥を防止するとよいでしょう。 画面と目の距離は40~50cm位に保ちます。画面を少し下に設置すると視線が下に向かうので目の乾燥を防ぎます。 異常を感じたら、空調から出る風が直接からだに当らないようにしましょう。

ページトップへ

花粉症

花粉症とは、花粉によるアレルギー反応のことで、症状は主に目と鼻に現れます。免疫という防御機能が花粉(アレルゲン)に対して過剰に働き、花粉症の症状が出ます。 花粉が飛ぶ時期は、2月から4月にかけてのスギ花粉が最も多く、全体の80%を占めています。

症状

目のかゆみ・充血・涙目・異物感などがあり、目の周りやまぶたがはれることもあります。目以外の症状として、くしゃみ・鼻汁・頭痛・咳などがあります。
また上記の症状の他に、食欲不振・不眠・イライラ感・倦怠感・集中力低下などの精神神経症が出てくることもあります。

治療

目の症状・鼻炎症状には、目薬・飲み薬・点鼻薬等で治療をします。花粉症の症状をおさえるためには自覚症状が出る前に、早期治療が大切です。花粉が飛び始める2週間くらい前から治療を開始することにより、花粉症の症状を予防したり、期間中の症状を軽減することができます。薬を使用してすぐに治る訳ではないので、医師の指示に従って根気よく治療を受けることが大切です。

生活上の注意点
  • 外出はなるべく避けましょう。
  • マスク、眼鏡、帽子、マフラーを着用して花粉を遠ざけましょう。
  • 花粉を家の中に入れないようにしましょう。
  • ファストフードや加工食品の摂りすぎに注意し、バランスのとれた食生活に改善しましょう。
  • たばこやお酒、刺激性の強い香辛料などの摂取は控え目にしましょう。
  • 皮膚を鍛え、ストレスをなくすよう心がけましょう。

花粉症ボトックス(自費診療)

ボトックスを鼻腔に滴下するだけの5分程の治療で眠気や倦怠感もなく、つらい鼻水・鼻づまりを緩和します。

高濃度のボトックス(ボツリヌス菌)を鼻腔に滴下し、鼻の粘膜に浸透させます。
鼻の粘膜の副交感神経の興奮を抑えることで、花粉症による鼻水・目の痒みを改善します。他の花粉症治療との併用も可能です。

治療の特徴
  • 鼻腔に滴下後、約10分横になり鼻の粘膜に吸収されるのを待つだけという手軽さで、数十分~数時間で効果が現れ始めます。
  • ボトックスを飲み込んでしまっても、喉の粘膜や嗅覚への影響もないとされているので安心です。
  • 副作用はほとんどないので、内服薬による眠気や倦怠感が苦手な方にもおすすめの治療法です。
  • 痛みもありません。(鼻に細い管を挿入する違和感のみ。)
  • 約1週間~1.5ヶ月間効果が持続します。(個人差があります。)

※ワンシーズンに2回が目安です。

飛蚊症

飛蚊症とは、ある日突然に、あるいは、いつの間にか目の前に蚊やゴミのような物が飛んで見えたり、雲のようなものが浮いて見えたり、墨を流したように見えたりする症状です。飛蚊症は、あらゆる年齢層に起こりますが、高齢の方ほど、特に近視の人ほど多く見られます。このような症状がでたら、早めに検査を受けてください。

検査

網膜・硝子体の状態を観察するため、眼底検査を行います。すみずみまで観察するため、瞳を大きくする目薬(散瞳剤)を用います。検査後はしばらくの間(数時間)、ものが見えづらくなりますので当日は車や自転車での来院は控えて下さい。

ページトップへ

糖尿病網膜症

糖尿病は、血液中の糖分(血糖)が多くなり(高血糖)、その結果、全身の血管や神経がしだいにおかされ目や腎臓をはじめ、全身のいたるところが障害される病気です。 糖尿病が怖い病気といわれている理由は種々の合併症にあります。そのなかでも、三大合併症として最も恐れられているのが、「腎症」「神経障害」、そして「網膜症」です。 網膜症は、網膜に障害が起こり、場合によっては失明することもある怖い病気です。初期は自覚症状が乏しいため、気がつかないうちに病気が進行してしまい、ある日突然、眼底に大出血や網膜剥離を起こして、失明の危機にさらされることがあります。

原因

糖尿病で高血糖状態が続くと、まず全身の細い血管に障害が起こります。糖尿病になると、目や腎臓に障害が起こりやすい理由は、目や腎臓には細い血管がたくさんあるためです。 網膜には、目に酸素を運ぶための細い血管が縦横に走っていますが、血中のブドウ糖が多くなると、網膜の毛細血管に異常を来して、血管に瘤(こぶ)ができたり、詰まったりして、血液の流れが悪くなります。 そうなると、網膜が酸素欠乏状態となるために、血管がもろくなり、血管壁から血液中の成分が漏れ出したり血管が破れやすくなったりします。 さらに進行すると、広い範囲で血管が詰まったり、異常な血管が発生するなどの変化も起こってきます。このような血管の異常によって、網膜にさまざまな障害が起こるのです。

治療

1. 膜症が軽い段階であれば、次のような治療で、進行を抑えることができます。

血糖コントロール単純網膜症で、視力が良好な段階であれば、食事療法、運動療法、薬物療法などにより、血糖値をコントロールすることで病変の悪化を防ぐことができます。血糖値を安定した状態に保つことができれば、小さな出血などは自然に消えることもあります。 もちろん、ほかの治療を行う場合でも、血糖コントロールは継続することが必要です。

光凝固(レーザー治療)単純網膜症でも視力の低下がみられる場合、あるいは前増殖網膜症の段階になると、レーザーで網膜を焼く「光凝固(ひかりぎょうこ)」を行います。外来で行いますが、多い時は片方の目で約1000~1200か所を凝固させるので、数回の通院が必要です。ただし、点眼麻酔下で行うので痛みほとんどありません。

2. 症状が進行してしまった場合は、手術が必要になります。

硝子体手術硝子体の中で大出血が起こったり、網膜の表面に増殖膜ができたときは、「硝子体手術」が必要になります。この治療法のおかげで、最近では高い確率で網膜剥離も治せるようになりました。しかし、長く剥離したままにしておくと、網膜の神経組織が傷んでしまうため、剥離が治っても視力回復は不十分なことがあります。硝子体手術は、眼科手術のなかでも高度な技術が必要とされるうえに、特殊な機器が必要です。そのため、すべての医療機関で行えるというわけではありません。 当院では横浜市立大学病院、横須賀共済病院等、手術可能な病院へ紹介しています。 早い段階で網膜症を発見できれば、治療もそれだけ簡単に済みますので、治療の効果も上がります。どの病気にもいえることですが、早期発見・早期治療が糖尿病網膜症では何よりも大切です。

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性とは、カメラのフィルムに相当する網膜の黄斑という部分に異常な老化現象が起こり、視力や視野が悪くなるものですが、50歳以上の人に起こりやすく、年齢が上がるごとに発症率が高くなります。 原因は不明ですが、紫外線や喫煙が危険因子といわれ、萎縮型と浸出型があります。

委縮型視細胞の下に位置している「網膜色素上皮細胞」や脈絡膜血管に委縮が起こることで、黄斑部の視細胞に影響を及ぼすために発症します。 先ほどの滲出型と比較すると、進行速度は緩やかで、視力低下もゆっくりです。

滲出型新生血管が、網膜に向かって生えてくることで発症します。 新生血管は、弱いために出血や漏れ出すことがあり、網膜の下に血液中の水分がたまってしまうことがあります。 そのことによって、視細胞に影響を及ぼし、物を見るという機能に異常を引き起こします。 このタイプの場合は、進行が速いので、急激に視力低下が起こります。

症状

初期症状としては、視界の中心がゆがんで見える「変視症(へんししょう)」が現れます。 その後症状が悪化するとゆがみが強くなり、眼底出血などによる視力の低下、視界の真ん中が見えなくなる「中心暗点(ちゅうしんあんてん)」、色が分からなくなる「色覚異常(しきかくいじょう)」などがみられ、失明にいたる場合もあります。

治療

光線力学的療法(PDT)光に感受性の高いビスダインという特殊な薬剤を点滴し、そこに特殊なレーザーを優しく当てると、網膜は焼けずに、網膜の下にある脈絡膜の新生血管が塞がるという治療法です。この方法は、加齢黄斑変性の一部の症例には有効とされている治療法であり、治療後一時的に見えにくくなる場合があります。また、光に対して過敏になるので、4~6日くらいは強い光(日光など)をさけて頂く必要があります。

ルセンティス硝子体内注射病気の原因となるVEGF(血管内皮細胞増殖因子)を阻害する薬を目に注入する「ルセンティス硝子体内注射」という治療法です。この薬は、新生血管を小さくさせ、黄斑の浮腫(ふしゅ=むくみ)や出血を減少させます。月に1回の注射を3カ月行うことによって新生血管は縮小していきますが、数ヶ月後再び活動性を持ち始める事も多く、長期に渡って反復投与が必要になります。

ページトップへ

はやり目(ウィルス性急性結膜炎)

結膜とは、くろめ(角膜)のふちからまぶたの裏側までをおおっている粘膜です。しろめの表面のところは眼球結膜、まぶたの裏側のところは眼瞼結膜とよばれます。結膜は、眼球とまぶたをつなぎあわせてそれらがうまく動くようにしています。また、涙腺でつくられる涙は眼球表面をうるおし、ごみや老廃物を流し出して最近やウイルスなどが眼球の中に侵入するのを防ぐ役割をしています。

症状

結膜炎になると、結膜が赤くなったり(充血)、まぶたの裏側にブツブツができて目やにや涙が増え、かゆみ、しょぼしょぼ感、ゴロゴロ感、まぶしい感じなどがあらわれます。症状がひどくなると、出血、耳の前のリンパ腺の腫れ、まぶたの急激な腫れ、しろめがぶよぶよしてくる、発熱などが起こることもあります。

原因

細菌・ウイルス・カビなどの微生物、紫外線、ほこり・ごみ・摩擦などの物理的刺激、酸・アルカリなどの科学的刺激、花粉などによるアレルギー反応などによって結膜に炎症が起こります。このうち、短期間に集団的に発生する急性結膜炎がいわゆる「はやり目」といわれるもので、日常よく見られる代表的な病気です。これは患者の目からの分泌物がもとで伝染します。ウイルスによるものが最も多く、伝染性も非常に強いので感染予防がとても大切です。

ウィルス性結膜炎の種類とその症状

はやり目・・・流行性角膜結膜炎 まぶたの裏側のブツブツや充血、まぶたの腫れ、流涙などの症状が激しくあらわれます。感染してから7~14日で発病します。

ブール熱・・・咽頭結膜熱 プールで感染することがあり、プール熱ともよばれます。結膜にブツブツができて、咽頭炎による発熱を起こします。感染して5~7日で発病します。

急性出血性結膜炎 感染してから1~2日後に突然眼球結膜に出血を起こし、ゴロゴロ感、充血、まぶしさなどがあらわれ、結膜にブツブツができます。

治療法

この病気に有効な点眼薬はありません。ウイルスに対する抵抗力をつけるため、休養を十分にとって体力をおとさないことが必要です。また、補助的に他の感染を起こさないために抗菌点眼薬や、炎症をおさえるためにステロイド点眼薬などを使用します。他の人にうつさないように十分注意しましょう。

ページトップへ

ヨーダー公子クリニック 眼科・皮膚科・美容皮膚科

Copyright©   ヨーダー公子クリニック 眼科・皮膚科・美容皮膚科. All rights Reserved.