コンタクトレンズ

コンタクトレンズ処方

コンタクトレンズ

コンタクトレンズは高度管理医療機器であるという原点に立ち、皆様の眼の健康は、コンタクトレンズの安全性の確保であると考えています。
最近はコンタクトレンズにより眼の不調を訴える方も増えておりますので、コンタクトレンズは適正に使用し、常に使用状況を確認していく必要があり、眼科医による診察が必須です。

コンタクトレンズに関わる診察については、必ず眼科医のいるクリニックを受診するようにしてください。

ヨーダー公子クリニックでは、併設する「ソフィアメディカル」にてコンタクトレンズの販売を行っておりますので、ご安心してご相談ください。

~コンタクトレンズの選び方~

眼の状態にもよりますが、初めての方には使い捨てコンタクトレンズがお勧めです。

コンタクトレンズは大きく分けて、素材が硬くて黒目より小さい"ハードコンタクトレンズ"と薄くて柔らかく黒目より大きい"ソフトコンタクトレンズ"があります。
乱視のきつい方、円錐角膜の方は、ハードコンタクトレンズでないと視力が出ない場合があります。

重症のドライアイ、アレルギー性結膜炎の方もハードコンタクトレンズの方が楽になる場合があります。しかし激しいスポーツでは、外れやすかったり、ボールがぶつかった時に危ないため、スポーツ時にはおすすめできません。
厚みがあり、硬いため慣れるまではしばらくゴロゴロすると思いますので、最近は装用感の良いソフトコンタクトレンズを使用する方が増えています。

ページトップへ

ヨーダー公子クリニック 眼科・皮膚科・美容皮膚科

Copyright©   ヨーダー公子クリニック 眼科・皮膚科・美容皮膚科. All rights Reserved.