眼科診療

加齢性眼瞼下垂について【保険適用でのオペ】

症状

  • まぶたが重くて目が開きにくい。
  • 目を凝らしてみようとするので額にシワができる。
  • 起きている間、おでこの筋肉が収縮し続けるので、肩こりや頭痛がある、疲れる。
  • 目が閉じかけているので、眠たそうな表情、小さな目になる。
  • 視界がさえぎられ、ものが見づらい。

原因

  1. 目を開ける筋肉(眼瞼挙筋)と瞼板のつながりが弱く緩みが出るから。
  2. まぶたの皮膚がたるんで落ちてくるから。

手術

1. 挙筋挙腱膜前転法 まぶたを切開し挙筋腱膜と瞼板を縫い合わせる手術

2. 経結膜挙筋腱膜短縮法 まぶたの裏側からアプローチし、挙筋腱膜と瞼板を縫い合わせる手術

3. 眉下切開法 眉毛の下の余分な皮膚を切り取り、縫い合わせる手術

どの手術も、医師が、瞳孔から上まぶたまでの距離や、皮膚のたるみや、挙筋の緩み等を診察した上で、眼瞼下垂と診断されれば保険が使えます。そうでなければ保険は使えません。

手術料金

保険診療の場合

1割負担の方 両眼約15,000円
2割負担の方 両眼約18,000円
3割負担の方 両眼約45,000円

美容目的の自費診療の場合

手術方法によって異なるが 150,000〜400,000円

それに初診料(再診料)、診察料、薬代などが加わります。

スケジュール

  1. 医師の診察、保険適用の判断、施術方法の決定
  2. 手術内容のカウンセリング、感染症等の血液検査
  3. 同意書提出、内金10,000円にて予約日の決定

1、2、3は、同日にできますが、血液検査の結果が出る日以降の予約日の決定となります。(約1週間)

どの施術も当院ではCO2ガスレーザーを主に使用する、最新式の施術方法ですので、内出血や腫れの度合いは、メスで施術するよりかなり少ないです。
それでもやはり手術ですので、内出血、腫れ、赤み、違和感や軽い痛み、重苦しさなどはございますので、心配な点があればカウンセリングの時にご質問ください。
またもともと人間の目は左右差があり、手術をした後もそのような左右差が生じることもございます。腫れが引いた後にどうしても気になる方はまれに修正手術が必要になることもございます。

ベストな準備をして施術いたしますが、不安や疑問点等がない状態で手術を受けていただきたいので、どんな些細な事でも遠慮なくご質問ください。

1. 挙筋挙腱膜前転法 (まぶたを切開し挙筋腱膜と瞼板を縫い合わせる手術)

手術

まぶたを切開し、挙筋腱膜と瞼板を縫い合わせる方法、ミュラー筋を瞼板に縫い合わせる方法などで手術を行います。
老化によって皮膚が垂れ下がっている場合は余分な皮膚を取り除く手術も併行して行います。
また当院では、炭酸ガスレーザーを使用するので、出血が少なく、皮膚への負担や腫れも最小限に抑えることができます。

施術時間

両眼で約1時間ほど

注意点

手術後1、2週間程度は、違和感や軽い痛み、重苦しさ、まぶたの腫れや赤みなどがありますが、時間の経過に伴い徐々に改善します。個人差があり多少長引く場合もございます。出血があった場合はティッシュなどで軽く拭いてください。強い痛みなど気になる症状があった場合は早めに受診してください。
また人間にはどうしても左右差がありますので、腫れが引いた後に修正手術が必要になることもございます。ご了承下さい。 入浴や洗顔は二日間を控えください。体のみ軽くシャワーは当日から可能です。
1週間後に抜糸ですので、それまでは目回りをこすったりメイクをしたりするのはお控えください。

手術のスケジュール

手術の3ヶ月以内に感染症等の血液検査が必要です。
手術日から3日間内服を3種類のみ切り、目薬と眼軟膏が毎日あります。

術後1週間 検診11時から12時の間
抜糸 12時から2時の間
手術翌日 検診

必ず受診するようにしてください。

来院から帰宅までの流れ

  1. 来院
  2. 受付に診察券・手術の同意書をお出し下さい
  3. 自動血圧計にて血圧の測定をお願いします
  4. 待合にて術前の点眼(麻酔薬)を行います。(スタッフが点眼しますのでお声掛けさせて頂きます)
    ※待合での準備の段階で、トイレを済ませておいて下さい。
  5. 荷物は手術室に持ち込めないので受付でお預かりします。なるべく貴重品は持参しないようにしてください。
    待合でスリッパに履き替えて頂きます。
  6. 準備が整いましたら手術室用帽子をかぶり、電気メス用電極シールを貼り、手術室用サンダルに履き替えまして、手術室入室となります。
  7. 入室しましたら、まず切開する部分(まぶた)にマーキングを行います。
    その後、SO2モニターをつけさせて頂きます。この際、両目に麻酔点眼薬の追加をします。
  8. 手術する目の周りを消毒します。
  9. 切開する部分(まぶた)に注射による麻酔を行い、麻酔が効いていることを確認してから手術開始となります。
  10. 30~40分ほどで手術終了となります。
    当日は術眼に切開した部分を圧迫するような当てガーゼを着けさせて頂きます。これは翌日の来院時お外ししますのでご自身では外さないようお願い致します。
  11. 手術室を退室し、その後体調が良ければお会計をしまして、ご帰宅となります。
    お付きの方の運転での帰宅か、タクシーでの帰宅が理想的です。

※在院時間は、全部で1時間半くらいです。

眼瞼下垂手術の術後

手術翌日~術後1週間後

1. 手術翌日 手術翌日の朝、外来で当てガーゼを外し、検査、診察を受けて頂きます。その際、手術創の状態が良好であれば医師より洗顔、洗髪の許可が下ります。また、術後の点眼薬の使用方法を説明させて頂きます。
これ以降、1週間は傷口への接触を避け感染症を防ぐため、保護メガネをかけて頂きますが、お持ちでない方はクリニックにて保護メガネ(¥3000)を購入して頂きます。傷を隠す保護メガネ(¥5500)もございます。白内障の手術等で保護メガネをお持ちの方はこの日に必ずご持参下さい。

2. 術後1週間 手術から1週間ほど経ちましたらご来院頂き、検査、診察を受けて頂きます。その際、抜糸を行います。この後は、診察の間隔が徐々に開いていきます。数カ月に一度、定期検診でご来院頂き術後の経過、また新たな目の病気がないかを確認していくことになります。

2. 経結膜腱膜修復術 (瞼の皮膚を切らない、瞼の裏からアプローチするタッキング術)

  • 瞼の皮膚を切らない
  • 瞼の裏からアプローチし、メスを使わない
  • 傷口は表面から見えない
  • ダウンタイムが短い

眼瞼下垂を治療するには、さまざまな方法があります。
まぶたを全切開して眼瞼挙筋を露出し、縫縮する「挙筋前転法」など、本格的な方法もありますが、術後、傷跡や腫れでしばらく外出できないのではないか、目の開き方が不自然になるのではないかなどの恐れから、手術に対して抵抗がある方もおられるでしょう。
当院では、結膜側からアプローチし、メスを使わず、小さな傷で眼瞼下垂の治療を行うことができます。手術時間は約20分。術後の見た目の美しさも配慮しながら手術を進めます。術後も内出血や腫れが最小限で日常生活をほぼ支障なく送ることができます。

通常の皮膚側からの切開による眼瞼下垂手術は、眼科や形成外科でも行っています。そこでは基本的に「まぶたを開けやすくする」という機能改善を目的とした手術となります。当院でも切開による眼瞼下垂手術を行っていますが、炭酸ガスレーザーを使うことで、術後の内出血がより少なく、傷跡がなるべく目立たず、術後も社会生活にできるだけ支障のないように配慮しています。
「自然に仕上げたい」「目の開き方を左右とも整えたい」など、ご希望にもできるかぎりお応えするよう努めます。

3. 眉下切開法 (眉毛の下の余分な皮膚を切り取り、縫い合わせる手術)

眉下切開法とは

眉下切開法は、年齢とともにたるみの出やすい上瞼を自然に、目元の印象を大きく変えることなく、たるみを取る治療方法です。
眉下切開法は眉毛の下のラインに沿って切開をする方法のため、傷跡や浮腫みがほとんど目立ちません。

眉毛下切開を選択するメリットは、まぶたの眉毛側に近い厚みのある皮膚を減らしてまぶたの下側の薄い皮膚を残した形でたるみを解消できるということです。
まぶたのひふは上側(頭側)にいけばいくほど厚みのある皮膚になっています。
まぶたのどの位置のたるみを無くすと自然なまぶたに見えるかというと厚い皮膚を無くして薄い皮膚を残した方がより自然に見えます。
以前のたるみがなかった状態のまぶたに近づけたい場合には眉毛側の厚い皮膚を無くした方が近づきやすいのです。
もともと一重の方も、二重を作らずに一重のままで手術が可能です。

眉下切開は、こんな方にオススメ

  • 上瞼のたるみで皮膚が目に被ってきて視野が狭くなった
  • 目元の印象を変えず、上瞼のたるみだけを改善したい
  • 浮腫み、腫れ、傷跡などダウンタイムが気になる
  • 上瞼の厚みがあり腫れぼったい
  • 無理に瞼を持ち上げようとして、額のしわ、目の疲れ、頭痛に悩まされている

術後の腫れ・内出血などのダウンタイムについて

当院ではCO2ガスレーザーを用い、内出血や腫れを最小限に抑える方法をとっています。 大体の腫れは一週間程度でおさまります。
術後は切開部分に糸が付いている状態で、抜糸は約一週間後です。

術後の痛みについて

術後2日程度はジンジン痛い感じがありますが、それ以降は触らなければ通常あまり強い痛みはありません。

通院・抜糸

翌日に一度診察をします。
術後約1週間で抜糸を行います。
それ以降は通院の必要はありません。

術後のメイク・シャワー・洗髪

手術の翌日よりシャワー浴は可能ですが、浴槽への入浴は1週間後から可能です。
眉毛のメイクは抜糸後から可能となります。
眉毛以外のメイクは手術翌日より可能です。

ページトップへ

ヨーダー公子クリニック 眼科・皮膚科・美容皮膚科

Copyright©   ヨーダー公子クリニック 眼科・皮膚科・美容皮膚科. All rights Reserved.