子どもの低身長治療

インフォメーション

   当院からのお知らせ
当院は厚生労働省の医療広告ガイドライン準拠を目指しております。
   皮膚科診察日のお知らせ
今後の皮膚科の診察日

澤井まゆみ先生
9月 19日
10月 10日・24日
11月 7日・21日
12月 5日・19日
午後2:00~午後5:15
までの診察となります。

澤井先生の診察は予約の方優先となります。
ご予約はお電話にて承ります。
045-782-8457(眼科)

予約なしでも診察をお受けいただけますが
状況によってお待たせすることがございますので
ご了承ください。

上記以外の日にちでは院長が一般皮膚科の診察を行います。
この場合予約は不要ですので直接お越しください。


   皮膚科のお知らせ
美容皮膚科の診療を行う上でニキビ治療や湿疹治療など基本的な皮膚科の治療を行わず美容皮膚科に来られる方も多くクリニックでは皮膚科の外来を始めました。月2回基本的に第1第3水曜日の午後
千葉大学医学部出身 皮膚科専門医、沢井まゆみ先生に来ていただきます。
基礎的な皮膚科治療を行った上で美容皮膚科的なレーザー治療、フォトフェイシャル等の治療を行う事が効果的ですので是非皮膚科診察に足を運んで頂けたらと思います。
   春のコンタクトキャンペーン
入学式や入社式、新しい生活が始まりますね!眼鏡からコンタクトに変えるのに最適な時期です。

当院では、コンタクトをご購入された方に500円のクオカードをキャッシュバックするキャンペーンをやっております。

ボシュロムやクーパービジョン等のコンタクトで主催しておりますのでこの機会にキャンペーンをご利用されてみてはいかがでしょうか?

もちろん、これまでご購入されていらっしゃる方も大丈夫です。

またTwo-Weekタイプのものですと洗浄液が無料でついてくるキャンペーンも同時進行中です!
   コンタクトレンズにつきまして
まもなく始まる新生活!心機一転コンタクトデビューはいかかでしょうか?
日頃使っている方もボシュロムのアクアロックス等購入するとその場で500円のクオカードがもらえるキャンペーンをやっております。詳しくはクリニックでお聞きください。
ボシュロムのアクアロックスはいつも通り洗浄液無料プレゼントもやっております。洗浄液 クオカードプレゼントで大変お得ですので是非ご検討下さい!
   眼科往診診療につきまして
当院は、在宅療養の患者様にも往診を積極的に行い、地域医療に役立つことのできるクリニックを目指しています。
 診察に来ることが難しい場合、ケアマネージャー等を通して、あるいは直接ご相談頂ければと思います。

お電話頂き、疾患の状態、希望日時をご予約頂き、FAXにて保険証のコピーを当院FAX番号(045-782-8457)にお送り頂ければと思います。
   コンタクトレンズのお取り扱いについて
当院では数多くのコンタクトのトライアルができます。
どうしようか迷っている方も思い切って一度お試しください。
   美容皮膚科からのお知らせ
美容皮膚科は完全予約制となります。
まずはお電話・メールにてお問い合わせください

料金表

ヨーダ公子女医の日記

コンタクトレンズキャンペーン

ドクターズコスメ 通信販売

スタッフ募集

定期接種・任意接種ワクチン

子どもの低身長治療

モバイルサイト

成長ホルモンを用いる、低身長治療について ※自費診療(保険は使えません)

お子様の、-2SD以上の低身長は、保険がききません。自費診療にはなりますが骨端線閉鎖を伴わない家族性低身長、SGAにつきましては、成長ホルモンによる治療が有効です。
保険のきく−2SD以下ではないが、このままだと将来親と同じように低身長になるのではないか、子供のために今できることを何かやってあげられないかと考える方には、自費診療にて治療が受けられる可能性があります。

成長ホルモン分泌減少症で、成長が− 2SD以下である場合、(その他ガイドラインによりいろいろな制約がございます)、こども医療センター等で保険診療が受けられます。

問題は、− 2SD以上ではあるが、今現在低身長であり、このままの成長をしていくと、将来低身長になるのではないかと思われるお子様たちの事です。親御様も、なるべく子供の日常生活には気をつけており、子供には、スポーツもやらせ、睡眠もしっかりとらせて、食事や栄養、サプリ等も一生懸命考えて摂取させているのに、なかなか期待するほど背が伸びないと悩んでいる方は一度ご相談ください。

適応年齢は、3歳から、思春期までのお子様たちです。
女子は、3歳から12歳から15歳位まで、男子は3歳から15歳から17歳位まで、骨端線が閉じる頃に治療は終了となります。

3歳から思春期までのお子様の成長の原動力は、栄養+成長ホルモンで、思春期になると栄養+成長ホルモン+性ホルモンとなり、成長ホルモンの割合が低くなるので、なるべく3歳から10歳くらいまでのお子様に最も効果があると言われています。

まずは、精密検査をしていただき、成長ホルモンを補うことによって低身長が治療できる可能性がある方には、厚生労働省の定める診療ガイドラインと米国FDAが定める保険外診療ガイドラインに基づき治療を始めることができます。
100パーセント自費診療となります。

治療の流れ

初診

①持参するもの

母子手帳、乳幼児期、小中学校の身長記録、成長過程のわかるもの、それを参考に、クリニックにて、成長曲線の記入をしていただきます。
生活環境、食生活、遺伝的要素、家族歴、病歴など、問診票を記入していただきます。

②カウンセリング、血液検査、診察
  • 診察費、検査費の目安 ¥12,000

2週間後に再診

③検査結果と診察

医師の診断にて治療開始、薬処方

  • 診察費の目安 ¥5,000
  • 薬代の目安 成長ホルモン1アンプル ¥65,000

※医師の診察によりますが、体重により、必要量が違います。月に1~6アンプル必要となります。
※医師の診断により、治療保留となり、さらなる血液検査、遺伝子検査が必要になる方もございます。
 → 検査結果により治療開始、または、保険適応となり、保険医療機関紹介

④1ヶ月後、血液検査、薬処方
  • 診察費、検査費の目安 ¥10,000
  • 薬代 1アンプル ¥65,000
  • 1カ月の薬代の目安
    体重20キログラムの場合 薬代 120,000円くらい
⑤検査結果、診察、薬処方
  • 診察費の目安 ¥2,000
  • 薬代 1アンプル ¥65,000
  • 1カ月の薬代の目安
    体重20キログラムの場合 薬代120,000円くらい

検査結果が安定していれば、薬はある程度、長期処方出来ますが、医師の判断により、1年に数回の診察、検査は必ず必要となります。

糖尿病の患者、悪性腫瘍の患者、妊娠してる場合、プラウダーウィリー症候群の患者、等につきましては治療はできません。

基本的に、自宅での自己注射になりますので、親御様が責任を持ってしっかりと管理できるご家族のお子様、また定期検査は大変重要になってきますので、しっかりと医師の指示に従い通院ができる方に限ります。

診察代、検査代、薬代等に関しましては100%自費診療になりますので、ある程度経済的負担もかかります。
(カード決済できます。)

予約して ②の血液検査をした日から実費がかかりますが、それ以前のカウンセリングや相談に関しましては無料で行っておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。


ページトップへ

ヨーダー公子クリニック 眼科・皮膚科・美容皮膚科

Copyright©   ヨーダー公子クリニック 眼科・皮膚科・美容皮膚科. All rights Reserved.